2020-04-16

【パートナーリングrensei】正規取扱店を募集しています

闇の中に連なる ふたつのひかり
まばゆいほどに 美しい

その名のモデルとなった「連星」とは2 つの恒星が引力を及ぼし合い両者の共通重心の周りを軌道運動し続ける星のことです。互いに惹かれ合い寄り添い続けるパートナーをイメージしています。

~取扱いをご検討中の販売店様へ~

ご覧いただきありがとうございます。パートナーリング「rensei」は自由なパートナーシップを応援する新しい指輪です。今回はそのこだわりのポイントをまとめました。お問い合わせをお待ちしております。

1-ブランドコンセプト

すべてのパートナーシップに捧ぐ

パートナーリング「rensei」はすべてのパートナーシップに向けて作られました。このパートナーシップとは様々なカタチで幸せとリスクをシェアする大切なお相手のことです。年齢・性別・宗教などのバックグラウンドを超え、さらには婚約・結婚などのシチュエーションにもとらわれない自由なリングなのです。「rensei」は、大切な誰かと共に寄り添い人生を歩んでいく証となります。

2-デザインコンセプト

sRGB_350dpi_リングPT2個

究極の着け心地を追求した、生命を感じるシルエット

基本となるデザインフォルムは1種類しかありません。直線のまったくない有機的なシルエットです。真円ではないそのフォルムにより、性別に関係なく、自然で優しく、身に付けていることを忘れてしまいそうな至極のフィット感となっています。また、材料の調達や加工環境、モラルに至るまでエシカルな視点で製作しています。この同じデザインのリングをパートナーと共に身に付けることで、惹かれ合い運命をともにする「連星」のような一体感を感じていただければと思います。

3-特徴1

画像4

指輪の「あたりまえ」を変える

一般的な結婚指輪は、店頭サンプルが1 本ずつだけの場合がほとんどで、サイズの合わない指輪を試着して選ぶことが多いと思います。そしてリングゲージでサイズを測り、そのサイズで製作をすることが業界の「あたりまえ」となっています。しかし、洋服であれば自身のサイズを試着して、着用感やシルエットなどをチェックしてから購入されるのが「あたりまえ」だと思います。

洋服はサイズによってシルエットも変化していきますが、指輪はサイズが変わっても幅と厚みは変わらない事がほとんどです。これでは小さなサイズはサンプルよりも太く感じたり、厚みが邪魔になったりすることがあります。反対に大きいサイズは細く感じたり、デザインの印象自体がまったく変わってしまうということもあります。

なぜ指輪は自身のサイズを試着できないのでしょうか?それは、全サイズ分のレアメタルジュエリーをストックする材料費や、通常は1 つ製作すれば済む「原型」を全サイズ分製作するといった、コスト面の理由が挙げられます。

パートナーリング「rensei」はその「あたりまえ」を変えるために、全17 サイズの試着用サンプルを取り揃えました。サイズ毎に幅と厚みが最適化されたリングを試着することで、実際の付け心地や印象を感じることが出来るようになっております。無機質なリングゲージから卒業したパートナーリングを是非ご試着してみてください。私たちは、お客様を祝福するべく、楽しい指輪選びのひとときをご提供します。

4-特徴2

画像4

デザインはひとつだけ。あなた好みのセミオーダースタイルで

試着後にご注文いただくと「rensei」はセミオーダーで製作されます。デザインフォルムは1種類ですが、素材やダイヤの有無で「あなたらしさ」を醸し出すことができます。素材はK18 とPt950 からお選びいただけます。サイズ別の価格となっており、極めて合理的で公平な価格設定を実現しています。


5-終わりに

画像6

パートナーリング「rensei」には、思いやる気持ち、想われる喜びが込められています。「連星」のように、互いに惹かれ合い寄り添い続けるすべてのパートナーシップに捧げるリングです。大切なパートナーとまずはご試着にてその究極の着け心地を体感していただきたいと考えています。

資料請求はメッセージフォームからご連絡ください。
ブランドブックと各種サンプルをお送りいたしております。

関連記事