2020-05-02

Partner Ring renseiは指輪の「当たり前」を変える

「結婚指輪」は結婚という新たな人生の門出を迎える二人にとって、 何ものにも代え難い大切なもの。

パートナーとこれからの日々に思いを馳せながら、いろんなお店を見て回る時間もまた、幸せなひと時ですよね。

とはいえ、多くのジュエリーショップでは結婚指輪が男女のデザインで対になって展示されており、指輪によって無意識のうちに「性差」を押し付けられることに違和感を感じたことはないでしょうか。

また、そもそも法律で結婚が認められていないLGBTのカップルが結婚指輪を身に着けることに抵抗がある方もいるかもしれません。

制度はもちろん、男性用だとか女性用だとか、そんな枠組みに囚われずに自由な指輪を選びたい。

毎日つけるものだからこそ、その一点にこだわり抜きたい。

そんなあなたの気持ちをPartner Ring renseiで叶えることができるかもしれません。

Partner Ring renseiとは

好きなのに、想いあっているのに結婚が認められない。

今現在の日本においていわゆる、同性婚を行うことはできません。

その状況下で結婚指輪を身に着けることに、なんだか言いようのない感情を抱いたことがある方も多いのではないでしょうか。

「そもそも結婚が認められないのに、薬指に光っているこれはなに?」と。

そんな想いを抱かなくていいようにパートナーリングrenseiではすべての制限を排除し、制度や性別に捉われない優しい指輪を目指しました。

Partner Ring renseiが大切している3つのデザイン

パートナーリングでは次の3つのデザインを大切にしています。

性別も立場も気にしないシンプルなデザイン

Partner Ring の「Partner」とは、さまざまなカタチで幸せやリスクをシェアする大切な相手のこと。

大切な人を想う気持ち、また想われる喜びに性別も立場も関係ありません。

だからこそ、パートナーリングはエシカルな視点からのモノづくりに徹底的にこだわりました。

極めてシンプルなフォルムでPt950とK18、それぞれにダイヤをあしらうかどうか。

計4種類の中からあなたの指にぴったり合う指輪をお届けします。

指輪だけじゃない、ディスプレイに宿るデザイン

靴に、洋服に、気に入った商品を試着をする瞬間ってなんだかドキドキしますよ
ね。

パートナーリングも同じで、一生に身に着けるアイテムだからこそ試着の瞬間を大切にしてほしいと考えています。

そのため、よく見かけるジャラジャラとしたフィッテイングキットは使用しませ
ん。

パートナーリングではフィッティングキットにもこだわり抜き、竹の質感を活かしたディスプレイを採用しています。


指輪を選ぶ時間もかけがえのない時間として、楽しんでいただければ幸いです。


どんな指にもベストバランスでフィットするデザイン

パートナーリングは自然で優しく、着けていることを忘れてしまいそうなフィット感を追求しました。

基本となるデザインフォルムは1種類しかなく、直線のまったくない有機的なシルエットを採用しています。

ずっと使い続けるものだからこそ、フィット感を大切に。

そのため一般的な指輪のように内径だけでなく、 サイズごとに幅や厚み、角度を調整しておつくりしています。

Partner Ring renseiの購入にあたって

一般的な結婚指輪はショップに店頭サンプルが1本ずつしかなく、サイズの合わない指輪を試着して選ぶケースが多く見受けられます。

できることなら最初からピッタリサイズを身に着けたい。

そんな想いに応えるべくパートナーリングrenseiでは「フルフィッティングシステム」を採用し、店頭で全サイズの指輪を試着することができます。

また、購入後も末永く安心して指輪を使っていただけるように永久無料保証サービスをご用意しました。

即日お渡し可能なクリーニングをはじめ、仕上直しや変形直しはもちろんのこと、その他気になることがあればお気軽にご相談ください。

Partner Ring renseiに込めた想い

性別、性差を問わず身に着けられる指輪が欲しい。

そんな、LGBTカップルの熱い想いをPartner Ring renseiは大切にしています。

だからこそ、
● 性別を問わずに身に着けられるフォルム
● 性差やサイズの大小にとらわれない自由なフィッティング
● どんな指にもベストバランスでフィットするデザイン
そんなこだわりをぎゅっと、このパートナーリングに詰め込みました。

大切な人と生涯にわたって身に着ける指輪を選ぶ時間は、何にも代えがたい大切な時間。

また、ふたりで選んだ指輪はそれだけで価値のある、かけがえのないものです。

10年、20年経ったときも手に光る指輪と共に思い出話に花を咲かせてほしい。

そんな幸せな体験を法律上の夫婦だけでなく、すべてのパートナーに感じてほし
い。

それが、私たちの願いでもあります。

法律や社会の目を気にせず、心から惹かれあう唯一無二のパートナーと寄り添い続ける。そんなあなた方の姿を、重力に身を任せてまわり続ける『連星』という言葉に込めました。

ぜひ一度、店頭に足を運んでいただければ幸いです。

関連記事